【モンスト】アカウントの買取相場について

この記事では『モンスト』のアカウントを売りたいと考えている方に役立つ情報をお届けします。

各RMTサイトの査定条件、相場情報や引退アカウント・データを高く売る方法も併せて解説してます!

モンストの買取業者の査定基準

まず始めに、査定条件についてご説明します。どのアカウントも必ず買取してもらえるわけではありません。
各サイトの査定条件をご紹介しますのでご参照ください。

サイト名モンストの査定条件
買取ダッシュ■ランク300以上
■進化前も含む★6ガチャ限350体以上
■運極モンスターを100以上所持
A社以下の条件を全て満たしたアカウントのみが買取可能
■ランク400以上
■ガチャ限定★6モンスターを550体以上所持
■運極モンスターを250種類以上所持
B社■星6ガチャ限450体以上(進化前も含む)、運極100体以上
※人気キャラが少ない場合は値段がつかない場合あり
C社■進化前も含む星6ガチャ限400体以上
■運極100体以上
※人気キャラが少ないと値段がつかない場合あり
※20歳以上の方のみ買取
D社■ガチャ限運極の所持必須、★6ガチャ限所持数が499以下は買取不可
E社取り扱いなし

査定基準については各サイトによって異なる為、事前に査定基準を確認して依頼しましょう。

上記の表でも見て取れますが、買取ダッシュでは他サイトより査定基準が優しく設定されておりますので、今まで諦めていたアカウントも是非相談してみてください。

モンストアカウントの相場は?

どういったアカウントが高く買取りしてもらえるのか?
是非参考にしてください。

キャラ説明
ネオ攻守ともに優れており人気です。モンストは新春ガチャで今年の顔が決まります。
2022年は、皆さん口を揃えて【ネオ】を選ばれるでしょう。
コラボ基本的にアニメとコラボしたキャラは人気です。
進撃のリヴァイ・呪術の五条/乙骨・ワートリの空閑など、運極まで育成されたアカウントの多い方が、より高く査定されることでしょう。
轟絶の運極特にアンフェア・ダウトの運極、コラボキャラ数体所持していれば1万は簡単に超えます。
超獣神祭
激獣神祭
上記のネオも超獣神祭の限定キャラであり、ネオの他にも、帰蝶、アナスタシア、バサラ、えびす、アルセーヌなど他にも貴重なガチャ限が豊富です。
禁忌禁忌の獄にてクリア時に低確率で出現するキャラも人気です。
特に刹那、那由多、阿頼耶など、入手確率も低い事から、所持している運極と合わせると10万を超えるレアアカウントになる可能性あり。

アカウントの売り方!

ひと昔前とは違い、RMTも盛んになってくると同時に、様々な場所でアカウントの売買が行えるようになってきました。 注意点と併せて、それぞれの説明をしていきたいと思います。

現社会において、TwitterやInstagram、tiktokなど、SNSを利用していない人はいないのではないでしょうか? そのSNS上でもRMTが行われています。

手軽にできるSNS上で手軽にRMTが行える為、SNSを利用する人も少なくありません。
しかし【SNS=個人売買】を行うという事になります。 個人売買においてどのような危険があるか下記でご説明します。

■アカウントを渡したのに支払いされず音信不通。

■支払いをしたのにアカウントが渡されず音信不通。

などなど。他にも、トラブルとなる可能性が数多くあります。
安全にRMTをする為には、フリマサイトや買取サイトを利用てアカウントを売る方法が安全と言えます。

フリマサイトではサイト側が商品代金を仲介している為、アカウントを正常に受け取りできていないと出品者に代金が渡らないようになっております。
上記のような詐欺がない為、安心して売買が行えます。

しかし、そんな安心安全なフリマサイトでも、出品者の競争が激しいと中々売れにくいという難点もあります。

安心安全な取引を行いたい。早く売りたい。
そんな希望を叶えられるのが、法人経営で直接買い取りしてくれる買取サイトです!

法人経営の買取サイトであれば、アカウントを渡して相手が音信不通になるなどのトラブルはありません。
アカウント引き渡し後、平均的に24時間以内に振込が完了します!

是非一度、買取サイトへ査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP